『アイプリン』・『アイキララ』の口コミ、効果、価格を徹底比較!

アイプリンとアイキララ|人気のアイクリーム比較について

アイプリンは目元のクマ消し効果や、
たるみ改善効果が期待できるアイクリームとして
SNSなどの口コミで一気に広まって女性の使用者がどんどん増えているようです!

 

 

でも、いざアイクリームが欲しいと思っても類似商品がいっぱいあって、
何が自分に合っているのか分からない事って結構あるんです。

 

 

中でもアイキララがかなりの人気だったので迷いが…。

 

 

 

だからこそ、この記事ではアイクリームの中でも特に話題性の高い
「アイプリン」「アイキララ」を比較してみました^^

 

2つとも口コミでの評価が高く話題の商品ですが、
それぞれの違いについて徹底的に見てみましょう!

 

「アイプリン」「アイキララ」の成分、効果、価格比較で違いを検証

 

   『アイプリン』

   『アイキララ』

効果

・目元のクマ・たるみ等の改善効果
・クマ消し等コンシーラーとしての効果

・目元のクマ・たるみ等の改善効果
形・使い方

筆形状で直接塗れるタイプ

注射器型のプッシュタイプ

単品価格

5,980円/1ヶ月分

2,980円/1ヶ月分

定価購入価格

初月1,480円

2ヶ月目以降3,980円

(全て税別)

お試し定期:2,682円

3ヶ月コース:2,533円

12ヶ月コース:2,384円

(全て税別)

送料

送料無料/定期4ヶ月継続

全国一律181円

内容量

2ml/1本(1ヶ月分)

10g/1本(1ヶ月分)

解約条件

定期コース4ヶ月

お試し定期→いつでもOK
3か月定期→3回(9か月間)
年間定期→4回(12か月間)

返金保障条件

100日間全額返金保障

25日間全額返金保障

販売店

アイプリンの公式サイト

アイキララの公式サイト

 

 

ここまでの比較ポイント

効果比較:クマ消し等のカバー&肌改善を1つで出来るアイプリンが有利!

 

価格比較:継続した時にコスパが良いアイキララが有利。
※ただし、コンシーラーの役割も持つアイプリンの場合1本で済むのが特徴。

 

解約条件:お試し定期の場合、いつでも解約可能なアイキララが有利。

 

返金保障:100日間使用後に返金が可能なアイプリンが有利。

 

アイプリンの最安値やお得な購入方法に関してはこちらで詳しく解説しています。

 

→※参照【最安値】アイプリンを1番安い価格で購入できる販売店
はココ!

 

「アイプリン」「アイキララ」の美容成分比較で違いを検証

 

アイプリン、アイキララのそれぞれに配合されている美容成分の違い比較してみました^^
どちらも成分量は多いので、特に重要な成分のみ紹介しますね!

 

アイキララの美容主成分

 

有効成分:MGA

 

MGAとは、ビタミンC誘導体の一種です。
加齢で失われたハリと弾力をサポートし、肌の内側から目元のくすみを根本的ケアします。

 

※ビタミンC誘導体=肌の中で酵素反応をしビタミンCに変化するもの。

 

アイプリンの美容主成分

 

有効成分:フラーレン

 

フラーレンとは、希少な美容成分で弾力やツヤのある肌へと導く役割を持っています。
年齢による肌の悩みをサポート出来るので、かなり重宝されています。

 

有効成分:プリテオグリカン

 

ヒアルロン酸の保水力に加え、コラーゲンやヒアルロン酸の効果を
さらに高める役割をしてくれます。

 

有効成分:アスタキサンチン

 

アスタキサンチンとは、ビタミンC6,000倍の抗酸化作用を持っており
紫外線のダメージの蓄積をストップしてくれます。
活性酸素除去効果に優れているので、目元の肌トラブルになるリスクを未然に防いでくれます。

 

美容成分の比較ポイント

 

美容成分を見ていると、アイプリンの主成分が他にもいくつかあり、
かなり希少性が高く美容業界でも注目の成分が多いように感じます。

 

 

アイプリンの美容成分って結構スゴイらしい…^^;

 

こちらの記事ではアイプリンの口コミや成分などについて詳しく記載しています。

 

アイプリンの口コミで分かる効果と成分を見ると人気の秘密に納得!!

 

 

値段が少しアイキララよりも高いのも納得できました。

 

「アイプリン」「アイキララ」の使用感を比較

 

アイプリンとアイキララの比較

 

私は実際に両方買ってみて使ってみましたが、正直どちらも使いやすかったです^^

 

ただ、使用感に関しては違いもあるのでそれぞれ紹介します。

 

アイキララの使い心地

 

 

容器から肌に付けた時には、
「少し固いかな?」と感じたけど体温ですぐに柔らかくなり、
馴染みやすくちょうどいい固さになります。

 

アイプリンの使い心地

 

 

買ったばかりの時は液が出ていないので、
容器の下のダイヤルを回して少しずつ液を染み込ませていきます。

 

筆が柔らかいので直接塗って伸ばせます。
コンシーラーとしても使えるのが嬉しいですね。

 

「アイプリン」「アイキララ」のメリット・デメリット比較

 

ここではアイプリンと、アイキララのメリット・デメリットについて
それぞれ比較していきます。

 

その中でご自分に合ったアイクリームを選択するのが良いと思います^^

 

アイキララのデメリット

 

  • シワや・たるみに対する口コミでの効果はそんなに見られない。
  • 改善のために毎日継続して使用する必要がある。
  • カバー力はないのでコンシーラーは別途必要

 

アイキララのメリット

 

  • 購入価格が安い
  • お試し定期の場合、解約条件が無い
  • 皮膚痩せや、たるみ改善への効果は高い
  • 販売開始から長い間人気を保っている

 

アイプリンのデメリット

 

  • 購入価格は若干高め(成分が希少)
  • 改善のために毎日継続して使用する必要がある。
  • 定期コースは4ヶ月以上の継続が条件

 

アイプリンのメリット

 

  • クマ消し等のコンシーラーと、改善効果が1本で可能
  • 筆タイプで塗りやすい
  • 全身に使用できて、クマ以外への効果も口コミで多い
  • 100日間使用してからの返金保障がある

 

「アイプリン」「アイキララ」の比較まとめ

 

アイプリンとアイキララの比較

 

これまでの比較で違いを見比べてみて、自分に合うアイクリームはどちらでしたか?

 

私は日頃仕事をしているので、
ケアとカバーを1つで出来て朝の準備時間を短縮したかったので、
「アイプリン」を使用していますがアイキララもずっと人気のある商品なのですごく迷った記憶があります^^;

 

 

自分に合ったアイクリームで、楽しく目元から若返りをしていきたいですね!

 

 

アイプリンとリッドキララの比較も見てみたい方はこちらで詳しく解説しています。

 

『アイプリン』・『リッドキララ』の口コミ、効果、価格を徹底比較!

 

 

価格も抑えつつ、クマやくすみを早く改善したい方は『アイキララ』がオススメです^^

 



 

 

アイキララの公式サイトはコチラ

 

 

カバーと改善の両方を求めていて、化粧時間を短縮したい方は『アイプリンがオススメです^^』

 



 

 

アイプリンの公式サイトはコチラ

 

 

page top